ヤクルトで虫歯にならないコツと便秘から快便までの記録

どんなに薦められてもヤクルトを口にすることがなかった理由、それは以前3度ほどヤクルトを飲み3度とも便秘と虫歯になったから。

なのに今回こんなチャレンジをしようと決めたのにはワケがあります。

長年ヤクルトを飲み続けている92歳の義母は便秘知らずの風邪知らず。

ちなみに義母は牛乳やヨーグルトが嫌いで、甘いものが大好きのため、骨は弱いです。

 

食べ物って正直なんですね。義母はカルシウム不足で60代になったばかりの頃ソファーに腰かけていて股関節を骨折し(信じられます?( ̄▽ ̄;))、以来私の介助なしでは歩けないように・・・その後もじっと座っている時に腰の骨を骨折するなど、明石家さんまさんも真っ青のお笑いネタのようなことが起こりました。

そんな身体で92歳の今日まで便秘も風邪も知らずに元気に生きてきました。義母は30年以上もあまり動かないので筋肉は衰え、見た目はヨボヨボの小さなおばあちゃんです。それでもこの30年以上ウイルスに負けない身体です。

先日、初めて義母が便秘をして、お医者様に看てもらおうと病院へ。

私は便秘に慣れっこなので義母のトチ狂いように驚くしかありませんでした。

「生まれて初めて便秘した~☆」

と震えあがり

「白いのはお腹痛くならない?」(マグミット)

「黄色いのは痛くならない?」(アローゼン)

「どっちを飲んだほうがいい?」(お医者さんからの指示はスルーするん?)

「篠﨑さんは黄色いのを飲んだほうがいいと言い、玲子さんは黄色いのは腹痛で苦しむから白いのだけ飲んだほうがいいと言う。どうしたらいい?」

などと、息をハーハー荒げながら機関銃のようにしゃべり続けます。

まるで死神に追われているかのように、不安いっぱいにまくしたてます。

義母がこの状態になるともう誰かがそばにいる限り機関銃がやむことはありません。

たった1回の便秘でこうまで狂う義母に、呆れとほほえましさうらやましさの混じった複雑な感情が湧きました。

 

私はしばらくキッチンにこもり義母をひとりにして落ち着くのを待ったあと、薬の説明をし、少しきつい言葉を掛けました。

「お義母さんは幸せ者ですよ。今まで便秘を知らずに生きてこれたなんて、奇跡のようなもの。今までが恵まれすぎていたんですよ。」

それが功を奏したのか、不安が少しほどけたようでした。

険しかった表情が和らぎました。(ホッ♥)

 

私はヤクルトを飲むと便秘をしますが、義母は私の知る限り34年間便秘知らずの風邪知らずでした。今回の便秘騒ぎも、結局、白も黄色も数回飲んだだけで日常に戻りました。それに対して私のほうは、毎年、年に2回は風邪をひきます。

 

風邪をひくと義母に近づかないようにしています。

風邪をうつさないようにとの配慮からですが、

そうすると、義母は言います。

「私は毎日ヤクルトを飲んでるから風邪ひかない!」

 

 

今回の挑戦は、そんな言葉から始まりました。

 

(もうちょっと長いスパンでヤクルトとお通じの関係を確かめてみようかな・・・)

と。

 

私と同じように「ヤクルトで便秘になる!」という方の

もしかしたら参考になるかもと、今回の記録を残すことにしました。

参考になれば幸いです。

 

まずは、ヤクルトを始める前の私のお通じの状態について説明しておきますね。

 

私は子供の頃からヤギうんこ(コロコロ便)で、3日に1回のペースでいきんで出す、というのが日常でした。

いきまないと出ない状態を改善しようとして、若い頃からいろいろ試しました。

もちろんヤクルトも試したことがあります。

けれどヤクルトを飲むと、3日に1回の便が1週間になり、ウンウン汗を流しながら押し出すことになり、その都度ヤクルトを断念してきました。

 

とにかく理想的なお通じを目指していろいろな便秘対策にチャレンジしました。

 

そして紆余曲折の末、理想的な状態へとたどり着きました。

それが、

朝:飲むヨーグルトとビオスリーHi2錠、

夜:ビオフェルミン3錠、

寝る前:腸マッサージ3周

という組み合わせです。

この組み合わせにしてからは、理想的なバナナ便が1週間に4日は出るという状況になっています。

 

理想のお通じをゲットした今、ヤクルトをもう一度始めるなんて、かなり勇気がいりましたが、これまでの便秘生活の遺産として「いざとなったら早目に浣腸」という最終兵器も覚えましたし、

ダメだったらヤクルトをやめて現在の快便環境に戻すことができる、という自信がついてきたこともあり、自分で自分の背中を押しました。

 

以下、ヤクルトを始めてからのお通じの記録です。

【10月29日からヤクルト1日1本スタート】

※今回チャレンジしたのはヤクルト400ではなく普通のです。5本セットで200円ほどです。

※ヤクルトを始める前は1~2日に1回バナナ便が出でいました。

スーパーに売っている普通のヤクルトでチャレンジ

 

●10月29日 ヤクルトを飲み始める

●10月30日 出ない

●11月1日 出ない

●11月2日 浣腸で出す

●11月3日 出ない

●11月4日 出ない

●11月5日 出ない

●11月6日 浣腸で出す

●11月7日 出ない

●11月8日 出ない

●11月9日 出ない

●11月10日 浣腸で出す。ヤクルトやめようか迷う。1ヶ月は続けてみようと思い直す。

●11月11日 出ない

●11月12日 出ない

●11月13日 出ない

●11月14日 浣腸で出す

●11月15日 出ない

●11月16日 出ない

●11月17日 朝食前に便が出ることはなかったのだが、出た。しかし硬い便。

●11月18日 出ない

●11月19日 出ない

●11月20日 朝食後出た。やはり硬い便。

●11月21日 出ない

●11月22日 お腹が張っている。浣腸で出す。

●11月23日 バナナ便が出た!ヤクルトを始めて初めての理想的な便。

●11月24日 理想的なバナナ便がスルリと出た。

●11月25日 出ない。

●11月26日 下痢。いっぱい出た。おなかが軽くなった。

●11月27日 出ない。

●11月28日 やや硬めの便が出た。

●11月29日 バナナ便が出た

●11月30日 バナナ便が出た

●12月1日 出ない。

●12月2日 バナナ便が2本ぶん出た。

 

ヤクルトで虫歯を作らないコツ

 

「ヤクルトを飲むと虫歯になる」

その噂からお子さんにヤクルトを飲ませないようにしているというママさんも多いようです。

私も、過去にヤクルトを飲んだ時には決まって歯が痛くなり歯医者に通いました。

(もちろん飲んだ後は歯磨きをしていたんですけどね~)

 

ただ昔はストローがついていなかったため、そのまま蓋を開けて飲んでいましたが、

今は下の画像のように、細いストローが付いています。

5本セットのフィルムを剥がすとストローが出てきます。

虫歯対策には、このストローを使って飲みましょう(^_-)-☆

ふたを開けずにストローを挿して飲みます

ヤクルトが歯につかないように、ストローを使ってヤクルトを「喉に」そそぐ感じで吸い飲みます。

 

そうすると歯にダメージがこないので虫歯リスクを回避できます。