ワインの心得とマナー テイスティングや断わりのサインの出し方

ワインって不思議ですよね。自宅で飲むときでも、ビールや焼酎とはちょっと違う雰囲気を味わえます。お酒をほとんど飲まない筆者も、ワインとなれば何やら特別な感じがして、お洒落な洋服に着替えたくなります。

自宅でさえもそうなのですから、ワインを外でいただく時にはホント緊張してしまいます。

そこで、急な場面で慌てないように、ワインのマナーを書き留めておこうと思います。

 

1.ワインの種類

ワインの種類には、赤ワイン、白ワイン、ロゼ、スパークリングワイン、シャンパンなどがあります。

2.料理に合うワインがわからないときには

肉料理には赤、魚介料理には白が良いと言われていますが、特に正式な決まりはありません。

迷う場合には、ソムリエに予算や好みを伝えて選んでもらいましょう。

3.テイスティングのしかた

グラスワイン以外は、選んだワインのテイスティングをします。

ワイングラスはテーブルに置いたまま手に持たず、注がれてからグラスの脚を指で挟んで回し、右手で持って鼻に近づけます。

テイスティングは、さりげなく色や香り、温度を確認するためのものです。カップルのときには男性が、グループのときには主賓が主に行います。

少量を口に含んで舌の上で味わい、問題がなければ、うなずいて了承の旨を伝えます。女性の場合、口紅でグラスを汚すことがあるため、あらかじめナプキンで口元を押さえてからテイスティングしましょう。

たまにテイスティングの後、注文したワインを拒否する人がいますが、拒否する場合は、店側の保存状態が悪くてワイン本来の味が変わってしまっているとき、グラスについだワインの中にコルクが混じっているとき、本来冷えてべきワインが冷えてないときなどです。実際には味の善し悪しや欠点などの判断は、通常難しいものです。ですからテイスティングは儀礼的なものと考え、明らかに店側の不注意があるもの以外は安易に取り換えを要求しないようにします。

4.ワインはグラスが空になってから

ワインをついでもらうときには、グラスはテーブルに置いたままにして、手で持ちません。飲むときには、グラスの脚の部分を持ちます。

注ぎ足しはせずにグラスが空になってから、注ぐようにします。

5.おかわりをお断わりするときのサイン

おかわりを希望せず「これ以上けっこうです」という場合には、グラスの上にそっと手をかざして断りのサインを出します。