姓名判断 比較表と名付けの手順(同姓同名でも運勢が違う理由)

赤ちゃんの名前って、考え始めると

どんどん決められなくなってきませんか?

幸せな人生を送ってほしいと願い

名前の持つ意味や響きの良い名前を付けてあげたい、

そしてできれば画数も、良いものを考えてあげたい。

 

で、名付けの本や姓名判断を調べたり。

たぶん、多くの方がそうやって一所懸命

名前を考えていらっしゃると思うんです。

 

私も、子供の頃に親から何度となく名前を付けた時の話を聞かされました。

この部分が良ければあの部分が良くない、こっちの名前はあの部分はいいけどこの部分が…と。双子だったために、より難しかったようです。良い名前を付けたいけど、画数は二人同じにしたいという思いもあったようで。

 

そんな思い出話から今日の記事を書くに至りました。名付けで悩んでいらっしゃる方の少しでもお役に立てますようにと願って、姓名判断の複数の流派から、善し悪しの違いを一覧表にすると共に、名付けの手順についても解説しました。

同姓同名でも運勢が同じにならないワケ

名付けの手順として、意外に見逃されがちなのが、四柱推命です。

例えば、木村拓哉さんのようになってほしいと思って同じ名前を付けたとします。

でも同じ運勢や同じ運命をたどるわけではありません。

その理由は、「生まれた日の持つエネルギーが違うから」ということなんですね。そのエネルギーを見るのが、四柱推命です。

 

●四柱推命は生まれた時に決まってしまう運勢、「先天的運勢」です。

●画数で見る姓名判断は生まれた後の運勢、「後天的運勢」に作用します。

つまり、

 

生まれた時に決まってしまう運勢の良い部分をさらに良く、弱い部分をできるだけ補うような名前を考える

 

という2段階の調べが必要なんですね。

 

でそのうちの今日は画数について。

姓名判断にはいろいろな流派があって、画数の取り方に違いがあったり、画数そのものの善し悪しにも差があったりします。

そこで、その中の3つの流派の画数の善し悪しを一目でわかるよう、一覧表にしました。迷っていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

画数の吉凶 比較表

最大吉◎、大吉〇、吉◇、男性大吉女性凶▽、凶▼、大凶✖

1  ◎◎◎ 21 ▽〇〇 41 ◎◎〇
2  ▼▼▼ 22 ✖✖✖ 42 ▼◇▼
3  〇〇〇 23 ▽◎◎ 43 ▼◇▼
4  ▼▼▼ 24 ◎〇〇 44 ✖〇✖
5  〇〇〇 25 〇〇〇 45 〇〇〇
6  〇〇〇 26 ▼▼▼ 46 ✖✖✖
7  ◇◇◇ 27 ✖◇▼ 47 ◎〇〇
8  〇〇〇 28 ✖✖✖ 48 ◎〇〇
9  ✖✖✖ 29 ▽〇〇 49 ▼◇◇
10 ▼▼✖ 30 ▼◇◇ 50 ✖✖✖
11 ◎◎◇ 31 ◎◎〇 51 ▼〇▼
12 ✖✖▼ 32 〇◎◎ 52 ▼〇〇
13 ◎〇◎ 33 ▽〇〇 53 〇◇▼
14 ✖✖✖ 34 ✖◇✖ 54 ▼▼✖
15 ◎〇〇 35 ◇◇◇ 55 〇▼▼
16 〇◎◎ 36 ▼◇▼ 56 〇▼▼
17 ◎◇◇ 37 ◇〇〇 57 ◇◇◇
18 〇〇〇 38 ◇◇◇ 58 〇◇◇
19 ▼✖✖ 39 ▽〇〇 59 ✖✖✖
20 ▼▼✖ 40 ▼◇◇ 60 ▼✖✖

陰陽と五行

陰陽配列と五行のバランスをチェックしたい時にお役立てください。

姓名判断で陰陽と五行のバランスを見る時には、総画、天格、人格、地格、外格を見ます。

それぞれの画数の下一桁の画数で陰陽と五行のバランスを見ます。

また、生まれた年月から算出される九星(▶九星早見表)にも「本命星」「月命星」の2つの五行が割り当てられます。

この2つの五行に、総画、天格、人格、地格、外格の五行を加えトータルで見た時に「木、火、土、金、水」が欠けなく入っていればバランスが良いとされます。

また、外格と人格が相剋の関係にないほうが良いとも言われます。

相剋とは、互いが互いのエネルギーを打ち消し合う関係を言います。

火は水をかければ消えますし、木は金(刃物)で切り倒され、水は土にせき止められ、金は火によって熔かされ、土は木から養分を吸い上げられる、というふうに考えると分かりやすいと思います。その中でも特に打ち消し合うパワーが強いのが火と水です。外格と人格に火と水がコンビで入るのはあまり良くないとされます。

総画:姓と名の画数の合計

天格:苗字の画数の合計

人格:姓と名の接する1文字ずつの合計

地格:名の合計

外格:名の最後の1文字(1文字名の場合は1)と姓の最初の1文字(1文字姓の場合は1)の合計

 

1画
2画
3画
4画
5画
6画
7画
8画
9画
0画