高齢者とポケモンGOとインターバル速歩ウォーキング 深い癒しが訪れる時

先日記事に起こしました、松原智恵子さんの年齢を感じさせない美しさに魅了されたお話の続編です。

▶「名医のTHE太鼓判」松原智恵子さんに見惚れる!その秘訣を真似たい

その後、私もインターバル速歩ウォーキングを始めました。と言っても根性のない私は、「できる日だけ」、「お天気がいい時だけ」、「極寒と酷暑を避ける」、という超ゆるゆるの課題を自分自身に提示しています。

でウォーキングをするにあたって、歩いていく先に目的があったらなおいいのではないかと思い立ち、スマホにポケモンGOをダウンロードしました。

それで早速、歩き始めたわけですけれども、ちょっと問題がありました。

ポケモンGOをされる方にはもうおわかりですね。

 

ポケモンGOはところどころというか、しょっちゅう立ち止まります。インターバル速歩ウォーキングなんてとってもできません。失敗でした。しかも、GPSが頻繁に機能しなくなります。

どういうことかというと、ポケモンGOで遊ぶときには、GPSを使います。ですからGPSの感度が悪いととってもストレスが溜まるゲームだということを体験しました。

楽しむはずのゲームでストレスがたまっていては話になりません。ゲームそのものは無料なので、「使わない」ただそれだけで済むんですけどね。ちょっと残念な気持ちにはなりました。

 

で今は、インターバル速歩ウォーキングオンリーです(笑)。

 

ポケモンGOをやってみて気が付いたことがもう一つありました。

テレビのニュースなどで見る映像は、ポケモンGOをするためにスマホ片手に若者達が広場に大勢集まってる姿でしたよね。

私の住んでる地域では、若者よりも、むしろ定年を迎えた年齢の方がびっくりするほど多かった。

息子さんやお孫さんに教えてもらいながらの高齢の女性や、旦那さんが定年を迎えたばかりなんだろうな~と想像できるようなご夫婦が大勢、レベル5のバトルの場所へ集まってきます。これは予想外の光景でした。

スマホを持っていてれば、ゲームは無料ですし、定年を迎えた方が費用をかけずに遊べて、しかも、ダラダラでも歩くわけですからそこそこ健康にもいいでしょうし、うん、考えてみれば、そんな現象が起こるのも至極当然でした。全国のマクドナルドと郵便局では(他にもセブンイレブンなどもあるんですけど)キャラクターを捕獲するために必要なボールがもらえる設定になっています。郵便局といえば高齢者の多くが利用をしていますし、マクドナルドはお孫さん達が。そこで休憩もできるという、よく考えられた設定ですね。

 

ポケモンGOの良さが少しわかったところで、GPSストレスから、私はちょっとお休みです。またいつか、気が向けばという感じで。

それよりも、インターバル速歩ウォーキングの心地よさのほうが勝っていました。速く歩く→ゆっくり歩く→速く歩く→ゆっくり歩くを繰り返すインターバル速歩ウォーキングは、自分の足の筋肉を感じながら、周りの景色と爽やかな空気を感じ、日差しの心地よさに感謝しながら歩いてゆけるので、深い癒しが訪れます。