【長崎くんち】迫力と美しさに心浮き立つ コッコデショの画像で振り返る

10月7日~9日、長崎人なら誰でも知るこのワードが今年も街に響き渡りました。

 

「もってこーーい! もってこい!!

 

もってこーーーい! もってこい!」

 

両手を高々を上げて手の平を自分のほうに向けて招きます。

 

これはコンサートでいえばアンコールの掛け声のようなものです。

 

この日ばかりは、担ぎ手と観客が一体となって心を熱くします。

 

長崎のくんちの魅力は、その一体感もさることながら、

担ぎ手の迫力が「美しさ」にまで昇華したその姿です。

そこに感動を覚えない人はおそらくいないでしょう。

 

その「美しい」と感じてしまう現場の様子を少しでも感じていただけるよう

画像をアップしたいと思います。

 

皆さんも、もしチャンスがあれば、長崎くんちに足を運んでみてください。

毎年10月の7日から9日の3日間です。

 

600人余りの希望者の中から選ばれた精鋭たち

 

見事に揃っています♪乗っている子供達も綺麗に反っています!

 

美しい!

 

疲れも見せず上げる姿に感動!

 

かっこいい!「惚れてまうやろ」とはまさに

長崎くんち。ほんの一部の紹介でしたが、いかがだったでしょうか。