むずむず脚症候群はカフェイン過剰と鉄不足が原因だった

夜、こんな症状はありませんか?

 

「眠りにつこうとしても足がむずむずしてなかなか眠れない」

「足がむずむずしてすぐに目が覚めてしまう」

 

良質な睡眠がとれないというのは、ホント辛いですよね。夜中じゅう続くむずむずのせいで眠りが浅くなり、そのため日中の疲れが抜けきらずに疲れがたまっていきます。

そんな困った症状の名前は「むずむず脚症候群」。

これが起こる原因は、食事の偏りと言われています。

たとえば、過度なダイエットに長期間チャレンジしているとか、食べ物の好き嫌いが激しいなど。それによって食事が極端に偏ってしまうことが原因です。

これは筆者が学生時代の同級生の話ですが、口を動かすのが面倒、物を噛むことが面倒臭いと言って一口アイスのpino1個ぶんくらいの大きさのごはんをお弁当として持ってくる女の子がいました。おかずもなく、一口のごはんだけを毎日けだるそうに食べていました。彼女のそんな様子を初めて見た時には到底信じられませんでした。食べることが嫌いな女の子がいるなんて、最初は何か事情があるのだろうと思いました。ダイエットを秘密にしたいとか、それとも何か家庭の事情でお弁当を持ってこれないとか、とにかく何か他の理由を探してこの理解しがたいことへの結論を導き出そうとしていました。世の中の多くの女性が、食欲を我慢できずに悩んでいるかたわらで、食べることに何の楽しみも感じない女性がいることが、なんとも可哀想でなりませんでした。今、彼女はどうしているのか、ちゃんと食べる楽しみを感じていてくれていたらいいなと思います。美味しいものを食べたときのなんともいえない幸せを・・・えっと、熱くなるとすぐ話がそれてしまいます。元にもどしまして

 

むずむず脚症候群が起こってしまう主な原因は、「カフェインの過剰摂取」と「鉄分不足」によるものです。

 

原因が分かれば対処は簡単ですね。

まずは、牛肉などの赤身肉やレバー、ひじきやホウレン草など、鉄分を多く含む食品を積極的に摂取します。

そして、コーヒーやお茶などのカフェイン飲料を多量に飲んでいるという方は、今日から少しずつ減らしていきましょう。

 

また、注意が必要なのは栄養ドリンクです。

栄養ドリンクにもカフェインが入っています。むずむず脚症候群の方は睡眠不足から疲れがたまっていますよね。その疲れを栄養ドリンクでしのぐ…なんて悪循環を繰り返している場合には、それを改めましょう。飲まなければ昼間の活動がもたないという場合には、まずはコーヒーとお茶のカフェインレスから始めて段階的に栄養ドリンクもカットしていきましょう。