足の巻き爪と偏平足の対処法

足に痛みや不具合があると、歩くのが億劫になって運動量が減ります。その結果、身体全体の健康が損なわれてしまう場合もあります。そこで今回は、足の痛みを引き起こす巻き爪の原因と偏平足の方が不具合を起こさないための対処法について書き留めます。

 

1.足の巻き爪の原因は歩行不足だった

爪は放っておくと巻くようにできています。それが巻かずに真っ直ぐ伸びるのは、歩くことで地面からの圧力が足の指から爪へと伝わり、押し上げる方向へ力が加わります。これによって爪が巻こうとするのを食い止め真っ直ぐに伸びます。爪が巻いてしまうのは歩行不足が原因と考えられますので、定期的なウォーキングなどで歩く習慣をつけてみましょう。

 

2.偏平足だとどうして対策が必要なの?

土踏まずがなく、足の裏がほぼ全面的にペタッと地面についている足のことを偏平足といいます。

偏平足の人は、地面の衝撃が直接足に届くために、痛みを生じやすくなります。そのため、足の裏のより圧がかかる部分に角質が集まりタコになります。さらにそのタコが硬くなっていくと芯ができます。

タコに芯ができてしまうと、痛くて歩くのが苦痛になってしまいます。その結果、歩行不足に陥りやすくなります。場合によっては先ほどの巻き爪にまで発展してしまいます。

3.偏平足の対策法とは

偏平足を足のトラブルに発展させたいためにはどうしたらいいのでしょうか。

簡単な解決法としては、靴の中にインソール(中敷き)を入れて、地面からの衝撃を軽くしてあげることが考えられます。できれば、専門知識を備えた医療機関で診てもらって医療用のインソールをだしていただいたほうが安心ですね。