花粉症対策に近道なし/でも習慣化で簡単になる方法

先日、テレビで見た花粉症対策の情報の中で、専門家の方が「花粉症対策に近道なし」と言っていました。簡単に対策できたらありがたいんですけどね。

 

でも苦しかったり辛かったりするよりは、この対策をしたほうがずっといいのではないでしょうか。最初はちょっと面倒に思うかも知れませんが、習慣になってしまえば難しい対処法ではありませんし、頑張ってみましょう。

 

マスクは花粉症用のものを使用する

普通のマスクと花粉症用のマスクがどの程度違うのかは、なかなかわかりずらいですが、一般のマスクには1分間に537個の花粉が付くのに対し、花粉症用のマスクは1分間に304個と、付着する花粉の量がやはり違っています。

帰宅後の、家庭でできる対処法のコツは、大きく分けて次の3つです。

家庭でできる花粉症への対処法

花粉の時期、せめて家庭の中だけでも快適に過ごしたいですよね。それを可能にするためには、次の3ヶ条を守ることがコツになります。

家庭でできる花粉症対策を成功させるための3ヶ条

1.花粉を持ち込まない
2・花粉を排除する
3.花粉をまき散らさない

 

ではそれぞれの対処法を詳しくみてみましょう。

 

1.花粉を持ち込まない

●外出時には、毛足の長い素材のものを一番上に着るのをやめて、ポリエステル製のようなスルスルとした素材のコートなどを羽織って外出します。

●帰宅後に花粉を家の中に持ち込まないためには、当然ですが、玄関を開ける前に、玄関の前で服の上から身体をはたいて、洋服についている花粉を落とします。

●洗濯物や布団をベランダなどの外に干すのをやめます。外に干すと花粉がたくさんついて、取り込んだ時に家の中に充満します。それを避けるためには、洗濯物は部屋干しにしましょう。

豆知識

ここで豆知識を1つ。

「部屋干しするとお洗濯物が臭くなるから嫌」という人もいらっしゃると思います。洗濯物の生乾きの臭いを防止する良い方法があります。洗濯を始めるときに、衣類用洗剤を入れますよね。そのときに色柄物の衣類用の漂白剤も少し入れておきます。そうすると部屋干ししても洗濯物が臭くなりません。

2.花粉を排除する

●花粉を払い落として家の中に入ったら、すぐに手洗いをし、鼻うがいをします。

鼻うがいの方法

生理食塩水を鼻から入れて口から出します。「アーー」と声を出しながらやると上手くいきますよ。ちょっと難しいという場合は、鼻うがい用の道具が市販されていますのでチェックしてみましょう。

3.花粉をまき散らさない

これだけ対処しても多少は家の中に花粉が入ってきますよね。そこで掃除機をかけてしまうと、床に落ちている花粉が部屋の中に舞って、くしゃみや鼻水が出てきます。そこで、

●掃除機は控えめにして、濡れ雑巾による拭き掃除をメインの掃除として行います。全部拭くのが大変なときには、床だけでも濡れ雑巾で拭くと、空気がスッキリして綺麗になりますよ。

●空気清浄機は、我が家もそうなのですが、部屋の奥に置いておいたほうが邪魔になりませんし、空気の汚れをとってくれそうな気がして、そのように置いています。でもこれはあまり良くないそうです。部屋の奥ではなく、人が出入りして風が通るところに置きます。出入り口付近に置くと効果的です。

 

さいごに

私は鼻のほうは今のところ大したことはなく、くしゃみがやや出る程度なのですが、目がダメです。3月に入ったばかりの今も、すでに目をこすりすぎて目頭から膿っぽいものが出たりしています。抗菌目薬が手放せません。昔は何ともなかったんですけどね。数年前から、なんとなーく始まり、年々ひどくなってきているようです。筆者だけでなく、社会的に花粉症が騒がれ始めたのもそんなに昔のことではありませんし、これって、人間のほうの問題なんでしょうか。それとも、自然が変化してきているのでしょうか。アメリカ大統領のトランプさんは温暖化はないと言っていますが、異常気象かなと思うようなことも増えていますし、温暖化の足音を感じていない人は少ないのではないでしょうか。

考えても仕方がないんですけれど、ビビりの筆者としては、温暖化といい北朝鮮といい、背中のあたりが寒くなるような・・・いいえブルンブルン!今は自分のこと!精一杯やろうぞ!花粉症対策ガンバ!!