FIFAワールドカップ2018決勝リーグ進出の日本 宮本武蔵現る

2018年FIFAワールドカップサッカーロシア大会。

一戦目、二戦目と感動を呼ぶ試合を見せた日本のサッカー選手たち。

加えて応援スタンドの観客のゴミ拾いが海外から称賛されるなど、

日本の素晴らしさが注目される中、

2018年6月28日23時

いよいよ決勝リーグ進出をかけた日本対ポーランド戦がスタートしました。

 

日本が決勝リーグに進出するためには、

日本対ポーランドで日本が引き分け以上、

負けた場合には、セネガル対コロンビアの結果によって進出か敗退が決まるという状況の中での試合でした。

ポーランドは過去に、2敗した後の3戦目にいずれも勝利しているとあって、

同じ状況である今回、日本は安心はできないものの、

一戦目、二戦目の好ゲームに湧いており、

引き分け以上を予想した人が多くいました。

 

23:00。

テレビの前に座る我が家__

 

前半を終えた時点の成績は

日本対ポーランド、0:0

セネガル対コロンビア、0:0

 

温かくも冷静な空気の中、夫の焼酎グラスの氷が”カラン”と可愛いらしい事を鳴らす。

 

そう。冷静な空気だったんですよね。熱くならなかった。

前半の時点からピッチ上の負ける気配を嗅ぎ取っていた。

 

安心したくてほぼ5分ごとにスマホを取り出し

セネガル対コロンビア戦の途中経過を速報でチェック。

 

 

 

静かに時は流れ、後半が始まりました。

日本がポーランドに1点入れられ、

コロンビアがセネガルから1点をもぎ取りました。

 

このままなら日本が決勝リーグに進出する」

 

という情報がテレビから流れました。

 

コロンビアがこのまま勝利した場合、

進出を争う日本とセネガルは、勝敗、得失点差で全く同じ。

そのためイエローカードが出された枚数でどちらが進出できるか決まる状況。

 

これを、「フェアプレーポイント」と言うことをこの時始めて知りました。

 

 

さてそんな状況の中、日本は後半37分からの約11分間、

パスをダラダラと回し合い、時間を消化するための行動を続けました。

 

ポーランドも1点を入れ、このままなら今日の試合の勝利は確定です。

日本のダラダラパスに積極的に分け入ろうとはしません。

この11分間の長いこと。

嫌な空気がテレビを通してもバシバシ伝わってきます。

 

 

「こんな試合を見るために、わざわざ遠いところまで来た人ばかりではないでしょうに…」

 

えもいわれぬ悲しみが込み上げ、思わずつぶやきました。

 

 

夫はラグビーで花園を経験していますから、どちらの思いも分かるため

より複雑だったように思います。言葉なくため息を一つこぼしました。

 

 

しかしあまりといえばあまりな状況

ほどなく会場の観客からのブーイングが起こり

「それはそうだろうな」

と夫がポツリ。

 

会場のブーイングが続く中、

日本もポーランドも時間潰しの姿勢を崩さない11分間でした。

 

「勝つか負けるか、進出できるできないじゃなく、素晴らしい試合やスゴイ技を見たくて観戦している人もいっぱいいるはずなのに」

 

悲しい気持ちが抑えられず、ついテレビに向かって泣きました。

 

ゲーム終了前にもかかわらずぞろぞろと帰り始める観客。

 

 

このタイミングでなぜか頭に浮かんだ安倍政権と日大内田前監督。

 

「やったもん勝ちか。嫌な世の中になったな」

 

試合終了とともに私たちは多くを語らず即行で明日に備えました。

 

起床時間の朝5時まで、最近では一番の熟睡状態でした。

 

前の2試合では興奮して眠れなかった人も多かったことと思います。

 

 

目覚めると昨夜の試合のことを考えながら朝食作り。

あの11分間を自分の中でどう処理すればいいのか。

 

今もわかりません。

 

 

軽い朝食を摂りながら、頭は昨夜のサッカーでいっぱい。

 

「武士道に反する」

 

そんな思いを抱きながら食事を済ませると、パッと脳裏に浮かんできたのは、

 

宮本武蔵でした。

 

 

勝つために、

 

小次郎が待つ巌流島に、わざと約束の時間を大幅に過ぎて

 

遅れて行った宮本武蔵。

 

勝つために。

 

 

宮本武蔵を今一つ好きになれなかった理由を噛み締めた朝でした。

 

 

 

フェアプレーをしたと胸を張って言えない中、

日本はフェアプレーポイントで決勝リーグ進出を決めました。

 

これがスポーツとは思いたくないと感じつつ

「おめでとう日本」と、言わなければならないことへの葛藤がありました。

 

 

 

今朝の私はこの一戦をどう解釈していいのかわからず、サッカーの話を夫としませんでした。

そして夫は出勤間近になって一言、テレビに向かって静かに言いました。

 

「ベルギーはめちゃくちゃ強かぞ」

 

 

(そうまでして決勝リーグ進出したんだから勝て)

そう言いたかったのかな

 

次の試合では侍日本、勝っても負けても心からの感動を!